霊操目次

2019年7月1日

『霊操』 著者:イグナチオ・デ・ロヨラ  新世社 

序文

改訂版の序文

アニマ・クリスティ

指示                                  1-20

前提条件                        21-22

第一週

原理と基礎                           23

日々の特別糾明                24-31

告解のための一般究明             32-43

思いについて                   33-37

言葉について                   38-41

行いについて                         42

一般糾明の方法                     43

総告解と聖体拝領                  44

第一霊操(三つの罪について) 45-54

第二霊操(自分の罪について) 55-61

第三霊操(反復と三つの対話) 62-63

第四霊操(総括)                  64

第五霊操(地獄について)

                65-72

付則 第一から第十迄

               73-90

第二週

キリストの国                 91-100

第一日

第一観想(受肉)

            101-109

第二観想(誕生)

            110-117

第三観想(反復)

            118-119

第四観想(反復)  120

第五観想(五官の適用)

                      121-126

注意                           127-131

第二日                         132-133

第三日                         134-135

生路を考えるにあたって

             135 

第四日                         136-157

二つの旗                      136-148

三組の人                      149-157

第五日                         158-160

第六日                                161

第七日                                161

第八日                                161

第九日                                161

第十日                                161

第十一日                             161

第十二日                             161

注意                            162-164

謙遜の三段階               165-168

選定                            169-189

選定にあたって                    169

選定の対象                          170

選定のできる三つの時機175

選定の第一方法                    178

選定の第二方法                   184

自分の生活と身分の矯正と改善のために                    189

第三週

第一日                                190

第一観想(最後の晩餐)

                                  191-199

第二観想(ゲッセマニの園)

                                  200-207

第二日                                208

第三日                                208

第四日                                208

第五日                                208

第六日                                208

第七日                                208

注意                                   209

今後、食事をとるうえで、自分を整えるための規則     210-217

第四週

第一観想(復活について)

                  218

 注意

 付則

愛を得るための観想     230-237

祈りの三つの方法                238

第一の方法                  238-248

第一、十戒について             240

第二、罪源について             244

第三、霊魂の能力について    246

第四、五官について            248

第二の方法                          249

第三の方法                          258

我が主キリストの生涯の秘義

第ニ週                         261-288

第三週                         289-298

第四週 299-312

第一週の霊の識別の規定

                                  313-327

第二週の霊の識別の規定

            328-336

施しを分配するための規定 337-344

疑悩をわきまえるための規定 345-351

教会と心を合わせるための規定

(Sentire cum Ecclesia)

                                  352-370

我が主キリストの生涯の秘義の目次

第二週

お告げ                                262

エリザベツ訪問                    263

誕生                                   264

羊飼い                                265

割礼                                   266

三人の博士                          267

聖母の浄めとイエスの奉献    268

エジプトへの避難                269

エジプトからの帰国             270

12歳から30歳までの生活   271

神殿に来られたイエス

             272

キリストの受洗                    273

キリストの試み                    274

使徒達の召し出し                275

カナの最初の奇跡                276

神殿から商人を追い出された 277

山上の説教                          278

湖の嵐を静められた             279

湖上を歩まれた                    280

使徒達の派遣                       281

マグダラのマリアの回心

             282 

五千人に食事を与えられた

               283

変容                                   284

ラザロの復活                       285

ベタニヤの晩餐                    286

枝の主日                             287

神殿での説教                       288

第三週(受難の週)

最後の晩餐                          289

晩餐からゲッセマニの園

             290 

園からアンナの家迄             291

アンナの家からカヤファの家迄 292

カヤファの家からピラトの家迄 293

ピラトの家からヘロデの家迄 294

ヘロデの家からピラトの家迄 295

ピラトの家から十字架迄

             296 

十字架の秘義                       297

十字架から墓迄                    298

第四週(復活の週)

復活と第一の出現  299

第二の出現                          300

第三の出現                          301

第四の出現                          302

第五の出現                          303

第六の出現                          304

第七の出現                          305

第八の出現                          306

第九の出現                          307

第十の出現                          308

第十一の出現                       309

第十二の出現                       310

第十三の出現                       311

昇天                                   312

——逐次番号詳細——

1 指示

第一

2 第二

3 第三

4 第四

5 第五

6 第六

7 第七

8 第八

9 第九

10 第十

11 第十一

12 第十二

13 第十三

14 第十四

15 第十五

16 第十六

17 第十七

18a 第十八

18b 

18c 

19 第十九

20a 第二十

20b 

21 自分に打ち克ち、いかなる乱れた愛着にも左右される事なく生活を整えるための霊操

22 (前提条件)

第一週

23 原理と基礎

24 日々の特別究明

第一時期

25 第二時期

26 第三時期

27 次の四付則は、特定の罪か欠点を一層早く除き去るためのものである

付則第一

28 付則第二

29 付則第三

30 付則第四

31 注意

〔 告解のための一般究明 〕

32 心を清め、より良く告解するための一般究明

33 思いについて

34 

35 

36

37

38 言葉について

39a

39b 第一の理由

39c 第二の理由

39d 第三の理由

40

41

第一

第二

42 行いについて

43 一般究明の方法、五つの要点を含む

要点第一

要点第二

要点第三

要点第四

要点第五

44a 総告解と聖体拝領

第一

44b 第二

44c 第三

45 第一霊操

三能力を使い、第一、二、三の罪について黙想する。準備の祈りと二つの準備の他、三つの要点と一つの対話を含む

46 準備の祈り

47 第一の準備

48 第二の準備

49 注意

50 要点第一

51 要点第二

52 要点第三

53 対話

54

55 第二霊操

罪についての黙想である。準備の祈りと二つの準備の他、五つの要点と一つの対話を含む

準備の祈り(46)

第一の準備

第二の準備

56 要点第一

57 要点第二

58 要点第三

59 要点第四

60 要点第五

61 対話

62 第三霊操 第一と第二の反復であり、三つの対話を行う

63 第一対話

第二対話

第三対話

64 第四霊操 三番目の霊操の総括である

65 第五霊操 地獄の黙想である。準備の祈りと二つの準備の他、五つの要点と一つの対話を含む

準備の祈り(46)

第一の準備

第二の準備

66 第一要点

67 第二要点

68 第三要点

69 第四要点

70 第五要点

71 対話

72 注意

73 霊操をより良く行い、望んでいるものをより良く見出すための付則

付則第一

74 第二付則

75 付則第三

76 付則第四

77 付則第五

78 付則第六

79 付則第七

80 付則第八

81 付則第九

82 付則第十

83 第一、食事についていの苦行

84 第二、休み方についての苦行

85 第三、肉体を懲らしめる苦行

86 注意

87 注意第一

88 注意第二

89 注意第三

90 注意第四

第二週

〔 キリストの国 〕

91 過ぎゆく世の王の呼びかけは永遠の王の生涯を観想する助けとなる

準備の祈り(46)

第一の準備

第二の準備

92 (第一部)

要点第一

93 要点第二

94 要点第三

95 第二部

要点第一

96 要点第二

97 要点第三

98 

99 注意第一

100 注意第二

101 第一日

準備の祈り (46)

102 第一の準備

103 第二の準備

104 第三の準備

105 注意

106 要点第一

107 要点第二

108 要点第三

109 対話

110 第二観想 誕生についてである

準備の祈り(46)

111 第一の準備

112 第二の準備

113 第三の準備

114 第一要点

115 要点第二

116 要点第三

117 対話

118 第三観想 第一と第二の霊操の反復である

119

120 第四観想 第一の第二の反復である。先ほどの反復と同様にする

121 第五観想 第一と第二の観想に五官を当てる事である

122 要点第一

123 要点第二

124 要点第三

125 要点第四

126 対話

127 注意第一

128 注意第二

129 注意第三

130a 注意第四

130b 付則第六

130c 付則第七

130d 付則第十

131 注意第五

132 第二日

133 注意

134 第三日

135 生路を考えるにあたって

136 第四日

〔 二つの旗 〕

準備の祈り (46)

137 第一の準備

138 第二の準備

139 第三の準備

〔第一部〕

140 要点第一

141 要点第二

142 要点第三

143 〔第二部〕

144 要点第一

145 要点第二

146 要点第三

147 対話一

対話二

対話三

148 注意

149 第四日

〔 三組の人 〕

準備の祈り (46)

150 第一の準備

151 第二の準備

152 第三の準備

153 第一組

154 第二組

155 第三組

156 三つの対話

157 注意

158 第五日

159 注意第一

160 注意第二

161 第六日

第七日

第八日

第九日

第十日

第十一日

第十二日

162 注意第一

163 注意第二

164 注意第三

〔 謙遜の三段階 〕

165 謙遜の第一段階

166 謙遜の第二段階

167 謙遜の第三段階

168 注意

〔 選定 〕

169a 選定するにあたって

要点第一

169b

170 〔選定の対象〕

以下の事は、何について選定すべきかがわかるためである。四つの要点と一つの注意を含む

第一要点

171 要点第二

172 要点第三

173 要点第四

174 注意

175 それぞれの場合に健全で良い選定のできる三つの時機

第一の時期

176 第二の時機

177 第三の時機

健全で良い選定を行うための第一の方法は六つの要点を含む

要点第一

179 要点第二

180 要点第三

181 要点第四

182 要点第五

183 要点第六

184 健全で良い選定をするための第二の方法は、四つの規則と一つの注意を含む

第一則

185 第二則

186 第三則

187 第四則

188 注意

189a 自分の生活と身分を矯正し改善するために

189b

第三週

190 第一日

真夜中の第一観想は、我が主キリストがエルサレムに向けてベタニヤを出発されたところから、最後の晩餐迄の事であり298)、準備の祈りと三つの準備、及び六つの要点と一つの対話を含む

準備の祈り (46)

191 第一の準備

192 第二の準備

193 第三の準備

194 要点第一

要点第二

要点第三

195 要点第四

196 要点第五

197 要点第六

198 対話

199 注意

200 明け方の第二観想は、晩餐から園迄である

準備の祈り (46)

201 第一の準備

202 第二の準備

203 第三の準備

204 注意第一

205 注意第二

206a 注意第三

第二付則

206b 第六付則

207 注意第四

208a 第二日

208b 第三日

208c 第四日

208d 第五日

208e 第六日

208f 第七日

209a 注意

210 今後、食事をするにあたって、自分を整えるための規則

第一則

211 第二則

212 第三則

213 第四則

214 第五則

215 第六則

216 第七則

217 第八則

第四週

218 第一観想 我が主キリストが聖母に現れた事(299)

準備の祈り (46)

219 第一の準備

220 第二の準備

221 第三の準備

222 要点第一、二、三

223 要点第四

224 要点第五

225 対話

226 注意第一

227 注意第二

228 注意第三

229a 注意第四

付則第二

229b 付則第六

229c 付則第七

229d 付則第十

愛を得るための観想

230 注意

231

準備の祈り (46)

232 第一の準備

233 第二の準備

234 要点第一

235 要点第二

236 要点第三

237 要点第四

祈りの三つの方法

238 第一の方法

第一、掟について

239

240 準備の祈り

241

242 注意第一

243 注意第二

244 第二、原罪について

245 注意

246 第三、霊魂の能力について

方法

247 第四、五官について

方法

248 注意

249 祈りの第二の方法

250 付則

251 準備の祈り

252 第二の方法

253 第一則

254 第二則

255 第三則

256 注意第一

257 注意第二

258 祈りの第三の方法は律動を伴なう祈り方である

付則

準備の祈り

第三の方法

259 第一則

260 第二則

我が主キリストの生涯の秘義

261 注意

〔 第二週 〕

262 聖母へのお告げ

要点第一

要点第二

要点第三

263 聖母のエリザベツ訪問

要点第一

要点第二

要点第三

264 我が主キリストの誕生

要点第一

要点第二

要点第三

265 羊飼い達

要点第一

要点第二

要点第三

266 割礼

要点第一

要点第二

要点第三

267 三人の博士

要点第一

要点第二

要点第三

268 聖母の浄めと幼子イエスの奉献

要点第一

要点第二

要点第三

269 エジプトへの避難

要点第一

要点第二

要点第三

270 我が主キリストのエジプトよりの帰国

要点第一

要点第二

要点第三

271 十二歳から三十歳迄の我が主キリストの生活

要点第一

要点第三

272 十二歳のキリストが神殿に来られた

要点第一

要点第二

要点第三

273 キリストの受洗

要点第一

要点第一

要点第三

274 キリストの試み

要点第一

要点第二

要点第三

275a 使徒達の召し出し

要点第一

要点第二

要点第三

275b

276 ガリラヤのカナの婚礼で行われた最初の奇跡

要点第一

要点第二

要点第三

277 キリストが物を売る人々を神殿から追い出された

要点第一

要点第二

要点第三

278 キリストの山上の説教

要点第一

要点第二

要点第三

279 我が主キリストが湖の嵐を静められた

要点第一

要点第二

要点第三

280 キリストが湖上を歩かれた

要点第一

要点第二

要点第三

281 使徒が宣教に遣わされた。

要点第一

要点第二

要点第三

282 マグダラのマリアの回心

要点第一

要点第二

要点第三

283 我が主キリストが五千人に食事を与えられた

要点第一

要点第二

要点第三

284 キリストの変容

要点第一

要点第二

要点第三

285 ラザロの復活

要点第一

要点第二

要点第三

286 ベタニヤの晩餐

要点第一

要点第二

要点第三

287 枝の主日

要点第一

要点第二

要点第三

288 神殿の説教

要点第一

要点第二

〔 第三週 〕

289 晩餐

要点第一

要点第二

要点第三

290 晩餐から園迄の秘義

要点第一

要点第二

要点第三

291 園からアンナの家迄の秘義

要点第一

要点第二

要点第三

292 アンナの家からカヤファの家迄の秘義

要点第一

要点第二

要点第三

293 カヤファの家からピラトの家迄の秘義

要点第一

要点第二

要点第三

294 ピラトの家からヘロデの家迄の秘義

要点第一

要点第二

要点第三

295 ヘロデの家からピラトの家迄の秘義

要点第一

要点第二

要点第三

296 ピラトの家から十字架迄の秘義

要点第一

要点第二

要点第三

297 十字架の秘義について

要点第一

要点第二

要点第三

298 十字架から御墓迄の秘義

要点第一

要点第二

要点第三

〔 第四週 〕

299 我が主キリストの復活

第一の出現

要点第一

300 第二の出現

要点第一

要点第二

要点第三

301 第三の出現

要点第一

要点第二

要点第三

302 第四の出現

要点第一

要点第二

要点第三

303 第五の出現

要点第一

要点第二

要点第三

304 第六の出現

要点第一

要点第二

要点第三

305 第七の出現

要点第一

要点第二

要点第三

306 第八の出現

要点第一

要点第二

要点第三

307 第九の出現

要点第一

要点第二

要点第三

308 第十の出現

309 第十一の出現

310 第十二の出現

311 第十三の出現

312 我が主キリストの昇天

要点第一

要点第二

要点第三

〔 第一週の霊の識別の規定 〕

313 霊魂に引き起こされる種々の動きをいくらか知覚するための規定。良い霊動を受け入れ、悪い霊動を退けるためである。この規則は第一週によりふさわしい

314 第一則

315 第二則

316 第三則

317 第四則

318 第五則

319 第六則

320 第七則

321 第八則

322 第九則

323 第十則

324 第十一則

325 第十二則

326 第十三則

327 第十四則

〔 第二週の霊の識別の規定 〕

328 同じ目的を目指す規定。この霊の識別の程度は前よりも高く、第二週によりふさわしい

329 第一則

330 第二則

331 第三則

332 第四則

333 第五則

334 第六則

335 第七則

336 第八則

〔 施しを分配するための規定 〕

337 施しを分配する職務において、次の規則を守るべきである

338 第一則

339 第二則

340 第三則

341 第四則

342 第五則

343 第六則

344a 第七則

344b

〔 疑悩をわきまえるための規定 〕

345 疑悩と我らの敵の唆し(そそのかし)を知覚するために、次の注意が助けとなる

346 注意第一

347 注意第二

348 注意第三

349 注意第四

350 注意第五

351 注意第六

〔 教会と心を合わせるための規定 〕

352 戦いの教会の中で持つべき真正な見方を養うために、次の規則を守るべきである

353 第一則

354 第二則

355 第三則

356 第四則

357 第五則

358 第六則

359 第七則

360 第八則

361 第九則

362 第十則

363 第十一則

364 第十二則

365 第十三則

366 第十四則

367 第十五則

368 第十六則

369 第十七則

370 第十八則

Posted by 枝人